『ドバイ死闘の末V2、アジア制覇!』~第25回ダーツ大会詳報(2009.8.2)

画像来日以来連続12大会(GP含)に参戦。
常に上位争いにからみ、ランキングもトップ。
誰からもその実力を認められる男ドゥバイ。

しかし輝かしいと思われるその戦績は
準優勝が4回あるものの優勝はたった1度。
近くて遠い頂点。
この日も頂上間近、
インドの狂虎に襲われる。


【1次予選の結果】

● 1 346 チンタロー
● 2 327 リシ
● 3 211 タイガー:リキ
● 4 203 ルイルイ
● 5 200 コーノクンニ
● 6 198 タカ
× 7 180 アサシン
× 8 140 イナバウアー
× 9 138 カツラ


前回準優勝のドゥバイは2次予選からの参加となる。
実は有利に思えるこのシードこそが彼にとっての鬼門なのだ。
これまでシード権獲得は4回あるが
無事2次予選を通過したのはたった1度である。

が、この日は相手に助けられる。
序盤に19Tを2度ゲットながら3に多く流れ220と微妙な得点。
ところが同グループのコーノクンニ、チンタロー、タイガー:リキら
骨っぽいメンバー達がこともあろうか178、147、87。
目を覆うような失速により圧勝。
1位通過となる。

ちなみに他グループであれば4位のスコア。
勝利の女神を見方に引き入れる。


【2次予選の結果】

=Aグループ=
● 1 220 ドゥバイ
● 2 178 コーノクンニ
× 3 147 チンタロー
× 4 87 タイガー:リキ

=Bグループ=
● 1 リシ 294
● 2 ルイルイ 269
× 3 ユウタ 262
× 4 タカ 159



準決勝はランキング2位、
宿敵ルイルイとの対戦。
息をのむ接戦が期待されるが
珍しく19に入らないルイルイ。
それを尻目に余裕のフィニッシュ。
いよいよ決勝に。

絶対的な20ゲット率を武器に
初参加ながら決勝まで勝ち上がってきた
南アジア代表、
狂えるインドの虎リシが牙をむき待ち構える。

しかし決勝の重圧か。
今までのように20が決まらないリシ。
ドゥバイは5投目からフィニッシュチャンス。
が惜しいバーストを続ける。
追いすがる後攻のリシが7投目にチャンスを迎える。
残り38から7、17。
しかし勝利を確信した3本目のダーツは痛恨の14T。
29-38で最終回へ。
敵は狂虎、殺らなければ殺られる。
高まる集中力。
緊迫感最高潮の中10、19と2本でフィニッシュ。
追い詰められたリシが19、16と2本目を外しゲームセット。

狂虎の猛追をかわしたドゥバイが
1年9ヶ月ぶり2度目の栄冠を手中に。
そしてついにアジア全土を制覇。
念願の世界制覇の夢がおぼろげながらも見えてきた。


【決勝トーナメントの結果】

=準決勝=
ルイルイ × - ● ドゥバイ
コーノクンニ × - ● リシ

=3位決定戦=
ルイルイ × - ● コーノクンニ

=決勝=
ドゥバイ ● - × リシ




画像『リシV逸も大暴れ、今後の活躍に期待!』

来日初参戦ながら最後までドゥバイを苦しめたリシ。
1次予選いきなり324(2位)を叩き出し
南アジア代表の実力を見せつけた。
2次予選でも294とカウントアップの安定感は抜群。
今後の上位争いは必至、目が離せない存在だ。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック